本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> メタボの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準

目次


メタボ基準は危険因子の組み合わせ


 メタボリックシンドロームの恐ろしさがわかったところで気になるのが、「自分がメタボリックシンドロームかどうか」です。メタボリックシンドロームの診断基準は平成17年に以下のようにまとめられました。

≪内臓脂肪型肥満≫
ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上
(腹部の内臓脂肪面積が100cu以上)

≪高血圧≫
収縮期(最高)血圧が130mmHg以上
かつ/または 拡張期(最低)血圧が85mmHg以上

≪高脂血症≫
中性脂肪値が150mg/dL以上
かつ/または HDLコレステロール値が40mg/dL未満

≪高血糖≫
空腹時血糖値が110mg/dL以上


 ウエスト周囲径が男性より女性の方が5cm大きいのは、女性につきやすい皮下脂肪を考慮しているためであり、あくまで診断基準は内臓脂肪量によるものです。高血圧の診断基準は収縮期血圧が130mmHg以上となっており、通常の血圧診断基準であれば「正常高値血圧」となりますが、血圧の影響が世界的にも問題視されており厳しい基準となっています。

 高脂血症の診断基準は中性脂肪とHDLコレステロール値で判断し、総コレステロール値やLDLコレステロール値は診断基準に入りません。高血糖の基準となる空腹時血糖値110mg/dL以上は、糖尿病予備軍とも呼ばれる「境界型」の数値を基準としており、これも基準が厳しくなっているといえます。

 このように、それぞれの危険因子の基準が厳しく設定されているのは、それぞれの危険因子が軽症でも重大な疾患を引き起こしてしまうメタボリックシンドロームの特徴を現しているといえます。


メタボで重要視される肥満度


 メタボリックシンドロームの診断基準の中で最も重要視されるのが、やはりメタボリックシンドロームの主原因ともいえる肥満度です。肥満度の判断基準はさまざまで、どこに脂肪がついているのかによっても肥満のタイプが異なります。メタボリックシンドロームで重要なのは「内臓脂肪がどれだけあるのか」ということです。

 これまで肥満の判断指標として世界的に用いられてきたのがBMI(ボディ・マス・インデックス)と呼ばれるもので、身長と体重から肥満度を計算していました。しかし、この方法では生活習慣病に影響する内臓脂肪も、生活習慣病にほとんど影響しない皮下脂肪も同じ脂肪として数値化されてしまうという問題があります。

 メタボリックシンドロームの肥満基準はあくまで内臓脂肪です。そのため、BMIで肥満度が正常値に入っていたとしても、メタボリックシンドロームの危険性がないとはいえなくなったのです。

 ではどのように内臓脂肪量を測定するかというと、メジャー1本を用意しておへそ周りの最も太いウエスト径を測定するだけです。男性で85cm以上女性で90cm以上あれば腹部肥満であり、内臓脂肪が蓄積していると診断されます。

 どんなに他の部分が細くても関係ないのです。生活習慣病を予防するためには、体重だけにこだわらずウエスト径を意識し内臓脂肪を増やさないようにしましょう。



関連記事
メタボリックシンドロームとは
内臓脂肪がつく理由って一体何?
内臓脂肪が引き起こす病気とは
メタボリックシンドロームが起こす病気とは
とても大切!中性脂肪とコレステロールの役割
どうして脂肪は体に蓄積するの?
太っているか痩せているか診断しよう
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
内臓脂肪を予防!太らない体をつくるには
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度